教皇トゥイッター出足好調 フォロワー250万人に 2013年1月26日

 教皇べネディクト16世がトゥイッターを始めて1カ月、8言語全体でフォロワーは250万人に達した。教皇庁広報評議会顧問のパオロ・パドリニ神父は、教皇にこれほど多くのフォロワーを集められて良かったが、大事なのは教皇が「トゥイッターと共生し、参画しよう」としていること、と言う

 「教皇が自分の言葉で登場するという事だけを見ても、ソーシャルメディアに参加することは福音伝道だ」と同神父が1月11日、CNA通信に語っている。

 教皇の最初のトゥイートは、2012年12月12日。自己紹介メッセージを掲出した英語のアカウンドへの応答(リトゥイート)は6万4千人を超えた。スペイン語では3万3千人だった。

 1月11日までに教皇が発信したトゥイートは僅か21回、クリスマスには思い出を語り、シリア紛争終結への祈りを求めもした。

 現在、フォロワーは英語で140万人を超え、スペイン語で57万5千人、イタリア語で26万5千人を数えている。フランス語、ドイツ語、ポーランド語、ポルトガル語、アラビア語でも発信している。最も少ないアラビア語でもフォロワーが1万8千人いる。

 米国のバラク・オバマ大統領のフォロワーはほぼ5年で2500万人に達した。ダライラマは600万人という。(CJC)

 

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

  •  

     
  • 求人/募集/招聘
  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション
  • 神サポ電気