バチカン図書館が古文書デジタル化 2013年2月23日

 バチカン図書館が1475年創設以来、初めて古文書256点をデジタル化し、学者、学生、教師などがオンラインで検討出来るようにした。

 経費約200万ユーロ(約2億5千万円)は「ポロンスキー財団」などが拠出した。

 ツェザーレ・パシニ図書館長は、今回選定した古文書をデジタル化するのに2年かかった、と言う。大部分は独ハイデルベルク大学との協働でデジタル化した。

 利用方法などは同図書館のサイト(www.vaticanlibrary.va)に掲出している。(CJC)

 

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP