WCCトゥベイト総幹事 朝鮮半島の平和と和解呼びかけ 2013年4月27日

 世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥベイト総幹事が、朝鮮半島の緊張が強まっていることに終止符を打ち、関係者が平和、和解、再統一に向けて対話へ即時動くよう呼びかけた。

 朝鮮半島の事態に、WCCは関心を強めている。それは南朝鮮の加盟教会が受ける衝撃だけでなく、北朝鮮の朝鮮基督徒連盟にとっても衝撃だからと見ているため。同連盟とWCCはこれまで長らく対話とさまざまな関係を樹立してきた。

 WCCは第10回総会を今年10月30日から11月8日まで南朝鮮の釜山で開催する計画。総会は7年に1回開かれるもので、全世界からキリスト者が集まる。諸教会の集まりとしては最も多彩なもの。

 トゥベイト総幹事は「総会を開くには釜山をおいて他にない。総会の主題は『生命の神、正義と平和へ導け』だ。朝鮮半島は正義と平和のメッセージを必要としている」と語る。

 「総会が朝鮮で開催されるということ自体、わたしたちからすれば、世界に広がる諸教会と朝鮮の諸教会にとって、平和と和解を推進すたための希望の表現なのだ。朝鮮半島の平和は敵意さえなければ可能だ」と言う。

 「最近の事態は、6者会談が緊急に必要なことを示している」として「地域全体、特に南北朝鮮双方に居住している人のために、WCCと加盟諸教会は、今なお続く脅威と威嚇を終わらせるよう呼びかける。それらは検証され、終わらせられなければ、誰もが欲しない破滅に終わることになる」とトゥベイト総幹事はジュネーブのWCC本部でこのほど語った。(CJC)

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP