コプト正教徒襲撃続く エジプト 2013年8月3日

 エジプトのムハンマド・モルシー前大統領が軍の事実上のクーデターで排除されて以来、同国の少数派コプト正教会への抑圧事件が続発している。その多くがイスラム教過激派によるものと見られる。(CJC)

 

特集一覧ページへ

特集の最新記事一覧

TO TOP