米国 従軍牧師に無神論者? 2013年8月10日

 米連邦上院は7月23日、軍隊のチャプレン(従軍牧師)に非宗教者を任命することを阻止する法案修正を採択した。ジョン・C・フレミング議員(共和党、ルイジアナ州選出)提出の修正は、チャプレンへの保証をするのは宗教団体に限定するというもの。

 国防総省が現在認めている保証団体は200を超えるが、全部が神への信仰を基盤とする。

 しかし最近になって、超自然的な神性を認めない「ヒューマニスツ」が無神論者の従軍牧師を保証しようとする動きが出てきた。その最初の1人がジェイソン・ヒープ氏(38)。ブライト神学校とオックスフォード大学を卒業の同氏が「ヒューマニスト協会」の保証を得たもの。

 ヒープ氏の支援者たちは、海軍に「ヒューマニスト協会」を保証団体のリストに加え、ヒープ氏を従軍牧師に任命するよう要求している。

 今回の修正で、ヒープ氏が海軍の従軍牧師になれるかはまだ確定していない。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP