教皇フランシスコ 司教5人の辞任認める さいたま教区・谷大二司教も 2013年8月17日

 教皇フランシスコは7月27日、さいたま教区の谷大二司教(60)が、教会法401条2項の規定に従って提出した辞任願いを受理した。同時に、東京教区の岡田武夫大司教を、さいたま教区の教区管理者に任命した。

 谷司教は1953年生まれ。86年、司祭に叙階。2000年5月、浦和教区(現さいたま教区)の司教に任命され、同年9月、司教に叙階。日本カトリック正義と平和協議会会長などを務めた。

     ◇

 教会法401条2項の規定による「若手司教」の辞任願いが続いている。

 7月27日、ペルー従軍教区のギエルモ・マルチン・アバント・グスマン司教(49)の辞任願いも受理された。

 29日にはカメルーンのヤウンデ教区のシモン=ベクトル・トニイェ・バコト大司教(66)の辞任願いが受理されている。

 教会法401条2項は、教区司教が健康を損なうか、または他の重大な理由により、司教の職務を続けることが困難になった場合、退任の意思表示を行うよう求める条項。

 カメルーンの公営放送は、バコト大司教辞任を「爆弾」と報じ、「この新局面を解明するものは出ていないが、神の人が厳しい公的監視の下にあることを指摘する向きもある」とし、さらに「バコト氏の運営法を批判するニュースを流すグループがいる」とも報じている。

 教皇は31日、スロベニアのリュブリアナ教区のアントン・ストレス大司教(70)とマリボル教区のマルヤン・トゥルンセク大司教(58)の辞任を認めた。ストレス大司教は、同国司教協議会会長の職も辞任した。

 バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父(イエズス会)は記者団に、ストレス大司教とトゥルンセク大司教の辞任は財務上のスキャンダルに関連したものだ、と語った。スロベニア駐在教皇使節は、マリボル大司教区が「重大な財務状況」にある、と語っている。

 谷、グスマンの両司教が、司教の職務を続けることが困難になった事情は明らかにされていない。(CJC)

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP