バチカン機関紙 カトリックの改憲反対報道 2013年9月7日

 日本のカトリック司教団は、憲法第9条を「守るべき宝」と呼んでおり、司教協議会の岡田武夫会長(東京大司教)は、1946年公布され、47年に制定された憲法が「日本の誇る世界の宝」だと付け加えた、とバチカン(ローマ教皇庁)機関紙「ロッセルバトレ・ロマノ」が8月24日報じた。

 同紙はさらに、第二次大戦中の連合軍の軍事占領下に起草され、それまでの天皇制を自由民主主義の一種に置き換えたもので、採択以来改正されたことのない成文憲法、だとしている。

 「政府は最近、この基本法の改正の可能性を支持しており、安倍晋三首相の声明によれば、憲法改正提案を認める第96条から着手する」という。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP