アイルランド国教会 最初の女性主教誕生 2013年10月5日

 アイルランド国教会に最初の女性主教が誕生した。ロンドンデリーのパット・ストーリ司祭(53)がミース・キルデア主教に9月20日任命された。

 ダブリンのマイケル・ジャクソン大主教は、女性主教任命はアイルランド国教会と世界聖公会共同体にとって大きな喜びだ、と語った。

 ストーリ新主教は、ダブリンのトリニティ・カレッジ、アイルランド教会神学大学卒、1997年に助祭、98年司祭叙階。国教会青年部門で活動した。アール・ストーリ司祭と結婚、子ども2人は成人。

 英国とアイルランド全体で、女性主教は今回が初めて。ウエールズとスコットランドは道筋はつけたものの実現には至っていない。英国国教会では2015年までに検討すると期待されている。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP