上智大使節に教皇深く感謝 2013年10月12日

 教皇フランシスコは、バチカンで9月25日、水曜恒例の一般接見を行った。

 サンピエトロ広場で開催された接見には、今年創立100周年を迎える上智大学(東京都千代田区)の使節が参加、教皇は巡礼団紹介の中で関係者に歓迎の言葉を述べた。その後、教皇はパウロ6世ホール内の一室で、同使節と改めて会見した。同大学設立の構想は、聖フランシスコ・ザビエルの時代にさかのぼる。

 上智大学の高祖敏明理事長、滝澤正学長、高山貞美教授、ホアン・アイダル准教授らの使節を迎えた教皇は、上智大学が日本の若者たちの教育・文化の向上に尽くしていることに深い感謝を述べた。11月1日の同大学創立100周年記念式典には、祈りの中で特別に思い出すことで参加したいと語った。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP