日本福音振興会が功労賞顕彰 村上宣道、内貴八郎右衛門、飯島延浩、田内基の4氏 2014年12月6日

 日本福音振興会(泉田昭会長)は11月13日、2014年度日本福音功労賞顕彰式をお茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で行った。村上宣道(お茶の水クリスチャン・センター理事長)、内貴八郎右衛門(日本フリーメソジスト教団明石上ノ丸教会牧師)、飯島延浩(山崎製パン株式会社代表取締役社長)、田内基(社会福祉法人こころの家族理事長)の4氏が顕彰者に選ばれた。

 同賞は、日本の福音宣教に永年にわたり貢献した人を顕彰するもので、今年で22回目。

 村上宣道(むらかみ・のぶみち)=1933年生まれ。東京聖書学院を卒業後、愛媛県で開拓伝道。その後、日本ホーリネス教団上野ホーリネス教会、坂戸キリスト教会で牧会。太平洋放送協会理事長を経て現在は名誉会長。日本ホーリネス教団委員長、日本福音連盟理事長、日本福音同盟総務局長を務めた。

 内貴八郎右衛門(ないき・はちろうえもん)=1928年滋賀県生まれ。大阪基督教学院神学部卒業後、日本フリーメソジスト教団明石上ノ丸教会の牧師に就任して現在に至る。同教団理事長を92年から2期4年務める。全愛学園理事長、大阪キリスト教短期大学理事、日本聖書協会理事。

 飯島延浩(いいじま・のぶひろ)=1941年東京都生まれ。一橋大学卒業後、山崎製パンに入社。73年、日本ホーリネス教団池の上キリスト教会で受洗。79年、代表取締役社長に就任。ワールド・ビジョン・ジャパンの設立などに取り組む。池の上キリスト教会で実践的バイブルスタディを22年間開催している。

 田内基(たうち・もとい)=1942年、韓国全羅南道木浦市生まれ。父は孤児院・木浦共生園創立者の尹致浩、母は同園に生涯をささげた田内千鶴子。68年、母死去に伴い、同園園長就任。88年、社会福祉法人こころの家族設立。「在日韓国老人ホームを作る会」を発足。韓国社会福祉士協会会長などを務めた。

 

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP