贈答用に使えるギフトカタログを 8月に関係者ら集うイベントも 2015年7月18日

 結婚式の引き出物や葬儀の返礼品、教会での記念品としても使えるギフトカタログを作ろうと、有志の制作委員会によるプロジェクトがスタートした。既存のカタログと差別化を図り、「せっかく贈るなら、キリスト教系の企業や団体を応援できる商品を」とのニーズに応え、贈り物をすることの多い教会関係者にも広く利用してもらおうというもの。

 「ものづくり」に取り組むキリスト教系の福祉作業所や企業、NPO法人などが独自に開発、販売している商品をまとめて掲載し、贈られた側が自由に選ぶことで、間接的にこれらの活動を支援できるという仕組みだ。

 同委員会はカタログの作成にあたって関係者の協力を得るため、キックオフイベント「たらんとフェスティバル」を8月1日、東中野キングス・ガーデン(東京都中野区)で開催する。第1部の「たらんと活用セミナー」(午前10時~)では、第一線で活躍する「べてぶくろ」主宰の向谷地宣明氏と、和菓子司「栄光堂」の片岡文子氏による対談が行われ、商売のノウハウや成功の秘訣が伝授される。

 続く第2部「たらんと掘り出し市」(正午~)では、カタログに参加を予定する企業や団体が出店し、実物の展示、販売が行われる。すでに20近い出店枠はほぼ埋まっており、全国各地のさまざまな出店者がブースを並べる。出店内容も、クッキー、ケーキ、果物、米、野菜、ポストカード、ストラップ、エコバック、オリジナルTシャツ、手芸品など、実に多彩。

 当日は、ギフトカタログ『たらんと』の予約も受け付ける。入場料1ドリンク+1スイーツ300円(申込み不要)。問合せは、東中野キングス・ガーデン(電03・3368・5202、担当・奥山)まで。

 

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP