〝若手〟牧師と神父7人が集結 超教派で「アーメントーク」 2015年9月19日

 教派を超えて牧師と神父たちが集まるトークイベント、超教派神学バラエティー「アーメントーク」(同実行委員会主催、キリスト新聞社後援)が9月21日、大阪市北区の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で開催される。

 登壇するのは、20~50代の牧師と神父7人。カトリック大阪大司教区司祭の川邨裕明氏、日本福音ルーテル教会東京教会牧師の関野和寛氏、日本聖公会高知聖パウロ教会司祭の與賀田光嗣(よかたこうし)氏、日基教団浜北教会牧師の大橋茉莉耶氏、日本バプテスト連盟京都教会牧師の李海勲(イヘフン)氏、福音交友会岸和田北聖書教会牧師の栗原純人氏、日本キリスト教会府中中河原伝道所牧師の大石周平氏。

 身近にいながら教会外では接点のない牧師や神父たちが、普段どのような生活を送り、何を考え、何を目指しているのかをより広く知ってもらうための催し。

 当日は、テレビ番組風にひな壇に座った7人が「他教派に聞きたいこと」「辞めたいと思った瞬間」など、参加者から募集した質問に本音で答えていく。トークライブの後には、登壇者との「握手会」や、直接話ができるコーナーも設けられるほか、「牧師ROCKS」のCDやキリスト教を知るための書籍も販売される予定。

 主催者らはキリスト教になじみのない信徒以外にも気軽に参加してほしいと広く呼び掛けており、成功すれば関西以外での開催も検討したいとしている。午後2時(1時半開場)から4時45分。入場料1千円(要予約)。ユーストリームでの配信も行う。申し込みは、専用フォーム(http://bit.ly/1SqZYvp)から。問い合わせは実行委員会まで。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP