第23回日本福音功労賞顕彰者 中島秀一、三森春生、三木晴雄の3氏に 2015年11月21日

 日本福音振興会(泉田昭会長)は、「日本福音功労賞」の2015年度顕彰者に、中島秀一(日本イエス・キリスト教団荻窪栄光教会牧師)、三森春生(イムマヌエル綜合伝道団引退教職)、三木晴雄(玉の肌石鹸株式会社、ミヨシ石鹸株式会社代表取締役社長)の3氏を選定し、11月5日、お茶の水クリスチャン・センター(OCC、東京都千代田区)で顕彰式を行った。

 中島氏は西宮聖愛教会、荻窪栄光教会の牧会に励んだこと、三森氏はキリスト者学生会(KGK)などの働きに貢献したこと、三木氏は自社の健全な成長に努め、日本石鹸洗剤工業組合副理事長として業界の発展に尽力したことなどが功績として評価された。

 同賞は、日本の福音宣教に永年にわたり貢献した人を顕彰するもので、今年で23回目。

 中島秀一(なかじま・しゅういち)=1937年神戸市生まれ。関西聖書神学校卒。日本イエス・キリスト教団大原教会、直江津愛真教会、西宮聖愛教会での牧会伝道を経て、90年に荻窪栄光教会に転任。2014年に主管牧師を退き、担任牧師として現在に至る。日本福音連盟理事長、日本福音同盟理事長などを歴任。現在、日本イエス・キリスト教団顧問。

   

 三森春生(みつもり・はるお)=1929年東京生まれ。イムマヌエル聖宣神学院卒。イムマヌエル綜合伝道団王子キリスト教会で52年間牧会。同神学院で教師を務めたほか、図書館司書としての働きを現在まで継続している。KGK理事長、日本プロテスタント聖書信仰同盟(JPC)実行委員長、日本福音同盟宣教委員長、OCC総主事などを歴任した。

 

 三木晴雄(みき・はるお)=1939年東京生まれ。玉川大学卒。63年に玉の肌石鹸株式会社に入社、89年に同社代表取締役に就任。社会貢献として、救世軍やいのちの電話などへの支援を続けている。現在、国際開発救援財団副理事長、ワールド・ビジョン・ジャパン理事、日本石鹸洗剤工業組合副理事長。94年には東京交響楽団理事を務め、チャリティーコンサートの開催に尽力した。

 

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP