「堺キリスト教書店」が新装開店 「びぶろすの森」〝飽きの来ない書店づくりを〟 2016年3月5日

 大阪府堺市に店舗を構えていた日本聖書協会直営の堺キリスト教書店(植田雄二店長)は、今年2月から店舗を移転し、新店舗としてスタートした。新店舗名は、「BIBLE HOUSE びぶろすの森」。「びぶろす」は書籍そのものを意味し、聖書の語源にもなった言葉。訪れた人が、いずれ聖書の世界につながってほしいとの願いを込めて名付けたという。

 新店舗は、JR阪和線堺市駅より徒歩2分に位置し、日基教団堺教会(内田知牧師)、付属堺金岡幼稚園に隣接する好立地にある。

 2月11日より新店舗での営業を開始し、22日には午後2時から、開店記念礼拝が堺教会で行われた。

 〒591-8041 大阪府堺市北区東雲東町1の1の16。問い合わせは同店(Tel 072-257-0909)まで。

植田店長の談話

 クリスチャン人口が1%程度の日本で、この少ないπでキリスト教専門書店が生き残るのは至難の業です。これからは、99%に対してどんなアピールをし、受け入れてもらうことができるのかが大事だと考えています。また、外販営業ではさまざまな教派の教会の先生とお話をさせていただいておりますが、共通の課題は「子どもが集まらない」ことでした。この課題に対してどういう提案ができるのかも、大事だと思っています。

 新店舗では、「入りやすさ」「魅せ方」「絵本」をテーマに、飽きの来ない店舗づくりを目指しています。旧店舗との違いは、店舗の外からも目立つ「絵本」のコーナーです。この一角だけ、子ども部屋をイメージし、床色や壁紙も変えました。定番の絵本から新刊の絵本、キリスト教の絵本もたくさんあります。また、あまり実物を手にする機会が少ない絵本のキャラクターグッズも目を引きます。親子連れのお客様が子どもに手を引かれながら入って来る光景も珍しくはありません。

 ぜひお近くにお越しの際には、「森林浴」にご来店ください。心よりお待ちしております。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP