功労者に佐藤英和氏、賀来周一氏 日本キリスト教文化協会が顕彰 2016年11月5日

 日本キリスト教文化協会(近藤勝彦理事長)は、2016年の「キリスト教功労者」に佐藤英和(こぐま社相談役=写真左下)、賀来周一(キリスト教カウンセリングセンター=CCC=理事長=写真右下)の両氏を選定し、10月17日、東京・銀座の教文館ウェンライトホールで顕彰式を行った。「キリスト教功労者」の顕彰は今回で47回目。

      

 それぞれの顕彰理由は、「良質な出版文化を日本に築き、キリスト教幼児教育に貢献したこと」(佐藤氏)、「牧師としての働きとカウンセリングの分野での貢献」(賀来氏)。

 50年前に絵本の出版を始めた佐藤氏は、「わたしが時を選んだのではない。神さまがわたしを支え、時を与え、人々と出会うことを許してくださった」と謝辞を述べた。賀来氏は「スピリチュアリティ」という言葉を「健全で成熟した宗教性」と表現。知識だけでは人間の問題は解決しないとし、「究極性」「絶対性」「永遠性」という課題に向き合っていく決意を示した。

 佐藤英和(さとう・ひでかず)=1928年ビルマ国ラングーン(現ミャンマー・ヤンゴン)生まれ。53年、河出書房(現河出書房新社)に入社。66年、絵本出版社のこぐま社を設立。編集者として「こぐまちゃんえほん」シリーズ、「11ぴきのねこ」シリーズ、『わたしのワンピース』などを生み出した。英国の絵本作家E・アーディゾーニに魅了され、『時計つくりのジョニー』などを邦訳出版するとともに、『チムとゆうかんなせんちょうさん』完全復刻版を出版した。著書に『絵本に魅せられて』。東京こども図書館監事。日基教団和泉教会会員。

 賀来周一(かく・しゅういち)=1931年福岡県生まれ。鹿児島大学、立教大学大学院、日本ルーテル神学校、米国トリニティー・ルーテル神学校卒業。日本福音ルーテル教会牧師として、加茂川教会、東京教会、札幌教会、むさしの教会を牧会。ルーテル学院大学教授を経て、CCC理事長を務める。『新版 実用聖書名言録』『キリスト教カウンセリングの本質とその役割』『自分を知る・他人を知る――交流分析を土台に』など著書多数。日本ルーテル神学校付属デール・パストラル・センター所員、キリスト教メンタル・ケア・センター顧問。

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP