日本カトリック司教協議会 「平和旬間」にあたり会長談話 2017年7月21日

 日本カトリック司教協議会(髙見三明会長)は7月6日、「平和旬間」にあたって会長談話を発表。憲法9条の改定を危惧し、「改正組織犯罪処罰法」への注視が必要だと指摘。また宗教改革500周年を迎え、争い分裂していたキリスト教の諸教会・教派が「対立から和解へ」向かう姿を示し、平和で公正な社会の実現のために何ができるかを考え、実行するよう訴えた。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP