【東京・9月15日~16日】 キリスト教史学会第68回大会宗教改革500周年記念 シンポジウム・公開討論会

キリスト教史学会主催

シンポジウム「ヴェーバー『倫理』論文とキリスト教史学」
 9月15日(金)後2時40分~6時10分、聖心女子大学4号館ブリットホール(東京都渋谷区)
趣旨説明 大西 晴樹 (明治学院大学教授)
1.ルター 大村 真澄 (本学会会員)
2.ピューリタニズム 梅津 順一 (青山学院院長)
3.洗礼派 ・ バプテスト 大西 晴樹 (明治学院大学教授)
4.ドイツ敬虔派 猪刈 由紀 (上智大学講師)
5.メソジスト 馬渕 彰 (日本大学教授)
コメント 山本 通 (神奈川大学名誉教授)
司会 大村 修文 (同学会会員)
費用1千円(一般)、無料(会員)

公開討論「宗教改革500年を記念して――カトリックとプロテスタントが共存する今」
9月16日(土)後1時~2時半、同会場
パネリスト
木ノ脇 悦郎 (元福岡女学院院長)
坂野 正則 (上智大学准教授)
司会 伊勢田 奈緒 (静岡英和学院大学教授)
無料。

℡03-3407-5793(聖心女子大学)

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

TO TOP