靖国神社への玉串料奉納に 抗議の声相次ぐ 2017年9月11日

 8月15日の安倍晋三首相による靖国神社への玉串料奉納や国会議員らの靖国神社参拝に対して、抗議の声が相次いだ。

 日本基督教団西中国教区靖国神社問題特別委員会(小畑太作委員長)は18日、抗議声明を発表。小泉純一郎元首相の靖国神社参拝について福岡地裁や大阪高裁で違憲判決が下されていること、政府と靖国神社による合祀に遺族から取り下げ要望が出されていることを指摘。首相らの行為が「司法権を軽視したものであり、またこれら遺族の思いを踏みにじる行為」だとして、このような行為を繰り返すことのないよう要請した。

      ◆

 政教分離の侵害を監視する全国会議(西川重則事務局長)も8月29日に抗議声明を発表。特定の宗教の宗教施設を有する靖国神社に、首相らが玉串料奉納や参拝をすることは憲法の理念に反する行為だとして抗議した。

社会・教育一覧ページへ

TO TOP