アラブ語聖書の輸入差し押さえ スーダン当局が2年以上も 2017年11月1日

 英国の左翼系通信「モーニング・スター・ニュース」が報じるところでは、スーダン当局が紅海沿岸のポートスーダンで、首都ハルツームへ向けたアラブ語聖書のコンテナ1個を事情説明なしに2年以上も差し押さえている。

 匿名の消息筋によると、スーダン聖書協会によると、同時に差し押さえられていた別の1個は港湾局への抗議によりすぐに輸送が認められた。

 現在まで、スーダン聖書協会はハルツームでアラブ語聖書を1冊も頒布できていない。スーダン教会の匿名の指導者は、国内で聖書やキリスト教書の利用制限はますます強化されているとして、「聖書を得ることは難しい」と言う。

 スーダンでは、キリスト教は「西側」と結び付けて考えられていることから、1997年以来、テロリストとの結び付きと人権侵害を理由に米国が科してきた経済制裁を10月12日付で正式に解除すると明らかにしたことで、聖書禁輸策も緩和されるのでは、とキリスト教指導者は期待している。 (CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

  •  

     
  • 求人/募集/招聘
  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション
  • 神サポ電気