都内区立中が靖国神社で職場体験 NCCが練馬区教委に申し入れ 2017年12月1日

 都内の区立中学校2校が、生徒を靖国神社での職場体験学習に参加させていたことが、11月1日発行の宗教法人靖国神社社報『靖國』によって判明した。これを受けて、日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会(坂内宗男委員長)は11月20日、練馬区教育委員会に申し入れと質問書の提出を行った。

 同社報によれば、「都内中学生が職場体験学習に来社」し、「神札授与所での参拝者対応を始め、みそぎ禊行など神社業務・神道について学んだ」という。同委員会は、禊行などの宗教行為があったことなどを問題視。「一宗教法人であり、議論の多い靖国神社が適切であったか」などの項目からなる質問書を提出した。

社会・教育一覧ページへ

TO TOP