スイスでは無宗教者が全体の4分の1に 2018年2月21日

 スイス連邦統計局が1月31日発表した2016年の統計によると、同国に永住する人で、特定の宗教を信仰していない人口が2000年に比べ2倍以上に増えている。キリスト教信者が減少した一方で、イスラム教徒の数が微増した。「SWI」(スイス公共放送協会国際部情報=日本語電子版)が伝えた。2016年、スイス国内の永住者で無宗教の人は全体の24.9%。00年は11.4%だった。無宗教の人のうち、3人に1人がこの世に神はいないと考える無神論者で、神が存在するかは分からないとした人は4人に1人だった。

 宗教施設の礼拝行事に最も参加していたのがカトリック教徒で、全体の26%が年間6~12回、教会に足を運んだ。一方、キリスト教福音派は毎日お祈りする人が全体の51%を占め、2回以上も34%と高かった。

 イスラム教徒は、過去1年間で礼拝行事に一度も参加しなかった人は46%に上った。また、4割の人が同時期で一度もお祈りしたことがないと答えた。週に1回、集団礼拝に足を運ぶ人はわずか12%で、ほぼ毎日お祈りしていると答えた人は17%だった。

 統計では、男性より女性の方が直接目に見えないものを信じる傾向が見られた。妖精や超常現象を信じると答えた女性は全体の58%に上ったが、男性は37%。また女性の半数以上が、超能力の存在を信じると答えている。(CJC)

写真:Natanaelginting - Freepik.comによるデザイン

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP