スペインでプロテスタント急成長 教会総数4045に 2018年2月21日

 カトリック国とされるスペインで、プロテスタント(福音派)教会が急成長している。法務省の宗教多様性調査機関が最近発表した報告書によると、同国で福音派は過去6カ月に87教会が新設され、総数は4045となった。

 今回の報告書は、2017年6~12月のデータに基づいている。調査では、英国国教会(アングリカン)やアドベンチスト諸教会もプロテスタントとして分類されている。

 福音派ニュースサイト「エバンジェリカル・フォーカス」によると、スペイン国内のプロテスタント教会は、1993年1435だったのが、97年は1632、2012年は3540と急増。2017年は4045。スペイン国内の「礼拝所」の内訳を見ると、カトリック教会77%に次いでプロテスタント教会は12%を占め、第3位イスラム教は4%。(CJC)

写真:Www.slon.pics - Freepik.comによるデザイン

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP