性搾取問題ととりくむ会 高齢化で今年3月に解散 2018年2月21日

 「性搾取問題ととりくむ会」(高橋喜久江事務局長)は1月17日、今年3月で解散することを発表した。同会は、性搾取に反対し女性・子どもの基本的人権を確立することを目的に1973年に結成された。事務局長引退後の後継者がいないことや、会員の高齢化により財政状態がひっ迫していることが解散の理由。「ここで蒔かれた種がさまざまな女性の運動としてこれからも活発に行われることを信じ」るとしている。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP