第35回庭野平和賞 レバノンの「アディアン財団」に 2018年3月1日

 庭野平和財団(庭野浩士理事長、東京都新宿区)は2月19日、第35回庭野平和賞を中東レバノンのNGO「アディアン財団」に贈ることを発表した。同財団は、キリスト教徒とイスラム教徒の5人によって2006年に創設された。シリア内戦で傷ついた人々のために平和と和解を促進するプログラムを提供するなど、レバノン国内外で宗教的対立を超えた和解と市民社会の構築に貢献している。

 庭野平和賞委員会のノムファンド・ワラザ委員長は、同財団について「草の根レベルでの変化に焦点を当てることを疎かにせずに学術的な研究と政策提言を行う能力を備えたことがアディアンの主要な業績の一つ」と評価している。

 贈呈式は5月9日、国際文化会館(東京都港区)で行われる。

©Adyan ローマ教皇フランシスコに「慈悲の象徴」の像を贈呈(2016年バチカン)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP