〝貧困の子どもを救い上げよう〟 こども食堂関係者が情報交換会立ち上げ 2018年3月11日

 貧困家庭の子どもたちに食事を提供する取り組みをしている教会関係者で2016年に結成した「クリスチャンこども食堂ネットワーク」(庄野明洋代表)。2月19日に同ネットワーク関東連絡所(東京都千代田区)で、関東こども食堂情報交換会が立ち上げられ、こども食堂に関わるプロテスタントやカトリックの教会関係者ら15人が参加した。

 会では、1日の食事を給食に頼っている子は、夏休みになると痩せていくなどこども食堂を通して貧困問題が見えてくる、貧困家庭は母子家庭が多いなどの声が報告された。こども食堂の取り組みに対して地域が協力的で、業者から食材の提供などがある一方、子どもが騒ぐことで近隣より苦情が来るため、会場の選定が難しいなどの意見が共有された。

 個々の活動紹介により、提供対象を子どもに限らず、「孤食」の高齢者にも広げているところや、食事だけではなく、学習支援も行っているところなど食堂による特色の違いが示された。参加者から「スタッフが毎回確保できず、日によっては子どもが寂しい思いをすることがある」と報告されると、多くの参加者が賛同。物資の支援より働き手の不足が共通の課題のようだ。「福祉は教会の外の人たちが行うべきで、教会は祈りと伝道のみを行うべき」との声が教会から上がるという問題が提起されると、「パンと魚を配ったイエスに倣うべき」「まず人間関係がないと伝道はできない」「福祉は元々教会から生まれたのでは」などの意見が交わされた。

 最後に「こども食堂の当面の目標は、手を広げ過ぎることではなく、貧困の子どもを1人でも救い上げること」との見解を確認した後、活動に対する祈りが捧げられた。

 「クリスチャンこども食堂ネットワーク」関東こども食堂の情報交換会は、毎月第3月曜日午前に同ネットワーク関東連絡所で開催される。問い合わせはTel 090-1966-2408(同連絡所・伊達)まで。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP