お茶の水クリスチャンセンター内に貸出スペース「東京グレイスセンター」 2018年3月21日

 キリスト教団体、教会、個人、企業のためのシェアオフィス、コミュニティースペース(貸し集会
室)として2015年に名古屋でスタートした「グレイスセンター」が2月26日、お茶の水クリスチャンセンター(東京都千代田区)4階(406号室)に新たな「東京グレイスセンター」を開設し、開所式が行われた。

 「東京グレイスセンター」は宣教団体「国際ナビゲーター」との宣教協力に基づき、原則無料で利用希望者にスペースの貸し出しを行う。同センター代表の石橋憲氏(日本バプテスト連盟瑞穂キリスト教会員)は、「これまでお茶の水クリスチャンセンターにあまり足を運ばなかった団体や教会にも気軽に利用してもらい、それぞれの宣教活動の活性化を図りたい」と期待を寄せる。

 広さは20平方㍍で、収容人数は10人ほど。午前8時から午後9時まで利用可能で、料金は原則無料(任意献金あり)。8人掛けテーブル、作業デスク2台、無線Wifi、ウォーターサーバー、電話機、プリンタ、ファクス、投影スクリーンを常備している。問い合わせは同センター(Tel 03-6811-0851)まで。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP