【訃報】 キム・ドンスン博士(前WCCアジア担当プログラム幹事)

 昨年まで世界教会協議会(WCC)のアジア担当プログラム幹事を務めた韓国の神学者、キム・ドンスン博士(大韓イエス教長老会牧師)が3月25日早朝、韓国・ソウルにあるアサン病院ですい臓がんのため逝去。47歳。アジアキリスト教協議会(CCA)が同日、公式ウェブサイトで発表した。

http://cca.org.hk/home/news-and-events/dong-sung-kim-former-programme-executive-of-wcc-passes-away/

© 2018 Christian Conference of Asia

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP