シナゴーグ・モスク・教会がベルリンで一つの建物に 2018年5月1日

 ベルリン中心部のシュプレーインゼルに教会、モスク、シナゴーグが入った寺院が建設される。ベルリンに本拠を置くプロジェクト「ハウス・オブ・ワン」のサイトで発表された。寺院の建設は2019年に始まり、建設期間は2年の予定。

 「ハウス・オブ・ワン」プロジェクトの主な構想は、「異なる宗教の代表者間でアイデアや意見を交換する」こと。対話には無神論者も招かれる。このような会合は寺院の中央ホールで行われる。

 異なる宗教が一つ屋根の下に入ることになるが、各宗教の寺院の構造的特徴がすべて考慮されるという。シナゴーグとモスクは東向きに造られる。

 建設費は4300万ユーロ(約57億円)と見積もられており、現時点でドイツ連邦政府及び地方政府からの340万ユーロ(約4億5千万円)を含め860万ユーロ(約11億3800万円)の寄付が集まっている。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP