【聖書翻訳の最前線】 旧約聖書⑦「誇る」(箴言31章30節) 2018年5月11日

⑦「誇る」(箴言31章30節)

 この箇所は伝統的に、主を畏れる女性が「たたえられる」と訳されてきました。

主を畏れる女こそ、たたえられる。 [新共同訳]

主を恐れる女はほめたたえられる。[口語訳]

 しかし、ヘブライ語の「ハラル」のヒトパエル形は、「誇る」という意味で、他の箇所ではそのように訳されています。「たたえられる」と訳されているのはこの一箇所だけです。恐らく、主を畏れる女性が誇るのはふさわしくないと考え、訳を工夫したのでしょう。

 しかし、「心のまっすぐな人は皆、誇ることができます」(詩編64章11節)とあるように、主を畏れる人は、主にあって誇ることができます。

 そこで、今回、次のように原語の本来の意味で訳しました。

あでやかさは偽り、美しさは空しい。
主を畏れる彼女こそ、誇ることができる。
[聖書協会共同訳]

 伝統にとらわれずに原語に近づく努力をした結果、今までと違ったメッセージが伝わるようになりました。

 

(『聖書 聖書協会共同訳―特徴と実例』より)

連載一覧ページへ

TO TOP