【列島縦断 書店員日記】 ネットショップを立ち上げる文系書店員 内藤優祐(CLCブックスお茶の水店) 2018年7月21日

 6月某日、お客様より電話があり、当店で管理しているCLC BOOKS ONLINEというネットショップでクレジットカード決済ができないと言われました。まあ大した問題じゃないだろうと思いつつ確認すると、確かに決済画面に遷移(せんい)しない。決済代行会社と保守管理をお願いしている業者に相談してみたところ……

業者「うーん、セキュリティのバージョンの関係ですね」
内藤「すぐ解決しますかね?」
業者「どうやら根本のシステムのバージョンが古いらしく」
内藤「根本のバージョン??」
業者「ネットショップを一から作り直した方が早いですね」

ということで、前号で紹介した「都内3店合同スタンプラリー」や本屋大賞企画やバーゲンなどをやっているにもかかわらず、現在わたしはネットショップを新たに作っています。一体仕事を何個並行処理すれば気が済むのでしょう。

 最初は「ネットショップサービスだけログインできればいいだろう」と思っていたのに→「設定ファイルをいじるためにはFTP接続ができないとどうにもならん」→「データベースに商品データ入れるにはPHPMYADMINでMYSQLいじらないと前に進まん」と加速度的に難しい技術に手を出すことに……(この辺りは分かる人に分かれば良い⁉)。

 この記事が紙面に載るころにはきっと新しいネットショップに移行できているはず! できていなかったら察してください。大学時代には歴史学という文系ど真ん中の学問を修めた人間なのに、就職して気づけばgoogleに全面的に頼りつつ、ほぼ独学でネットショップを立ち上げ、運営しています。キリスト教書店とはそんな職場です。他のキリスト教書店での「こんな仕事やるなんて思わなかった」というお話も聞いてみたいです。(ないとう・ゆうすけ)

【列島縦断 書店員日記】 キリスト教書店を巡るスタンプラリー 加川昌宏(教文館) 2018年7月11日

連載一覧ページへ

連載の最新記事一覧

TO TOP