アルゼンチン上院 中絶法案を否決 2018年9月1日

 米メディア「CNN」が、アルゼンチン国会の上院は8月8日夜、人工妊娠中絶を合法化する法案を審議し、9日早朝の採決で反対38票、賛成31票、棄権2票で否決したと報じている。合法化法案は妊娠の最初の14週間での中絶の権利拡大などを女性に認めていた。現行の法律ではレイプによる妊娠や母体が危険な場合などに限って許可していた。

 同法案をめぐってはアルゼンチン国内で反対派による広範な街頭活動が発生。カトリック教会も「生命のためのミサ」を催すなどした。半面、支持派の活動も活発で、国際人権組織「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」の南米担当幹部は同国で過去になかった機運の高まりがあったと指摘している。

 アルゼンチン出身の教皇フランシスコは合法化法案については直接的な言及は避けてきたが、下院での可決を受けて、ナチス・ドイツの優生学思想も引き合いに出し強く反対する考えを前面に出
していた。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP