仙台警察官殺害事件への学生関与で東北学院大学が「お詫び」 2018年9月20日

 東北学院大学(松本宣郎学長)は9月20日、19日に仙台市宮城野区の交番で発生した警察官殺害事件を受けて、「事件に本学学生が関与していたことは誠に遺憾であり、亡くなられた警察官の方に哀悼の意を表すとともにご遺族の方へ深くお詫び申し上げます。また報道等を通じてご心配やご不安をおかけした地域社会や保護者及び同窓生の皆様に衷心よりお詫び申し上げます」とのコメントを発表した。

 宮城県警仙台東署によると、刺殺されたのは清野裕彰巡査長(33)。同学院大学文学部3年の相沢悠太容疑者(21)が東仙台交番に刃物とモデルガンを持って襲撃、居合わせた男性巡査部長が発砲した銃弾を受け、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は殺人の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP