日本カトリック映画賞 信友直子監督のドキュメンタリーに 2019年2月21日

 SIGNIS JAPAN(カトリックメディア協議会、土屋至会長)が、日本国内で制作・公開された映
画の中からカトリックの世界観と価値観にもっとかなも適う作品を選出する「日本カトリック映画賞」。

 2018年度は、信友直子監督『ぼけますから、よろしくお願いします。』(2018年、「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作委員会配給)が選ばれた。同作品は、信友監督が両親の老老介護を家庭用カメラで撮影して大きな反響を呼んだテレビドキュメンタリーを、追加取材と再編集で「完全版」として仕上げたもの。

 6月22日午後1時から東京・なかのZERO大ホールで授賞式と上映会が行われる。

映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』公式サイト http://www.bokemasu.com/

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP