【寄稿】 「性的指向」は矯正の対象? いま向き合うべき2作品『ある少年の告白』『サタデーナイト・チャーチ』 中村吉基(宗教とLGBTネットワーク代表) 2019年4月11日

 2014年末に国際オリンピック憲章に、「性的指向(Sexual Orientation)」によって人を差別してはならないとの文言が加えられた。それが適用される初の大会が、2020年のオリンピック東京大会であることから、日本の社会は、これまでの遅れを取り戻すように、多様な性のあり方をする人々を受容する方向に大きく舵を切った。それはまだ手探りで、途上ではあるが、マスコミの報道などと同時に、性的マイノリティをテーマに扱った海外の映画も国内で数多く観られるようになった。

 4月19日に公開予定の『ある少年の告白』は一部のキリスト教会による性的指向やジェンダー・アイデンティティを「矯正治療(Conversion therapy)」しようとする施設を真正面から取り上げる。私は同性愛者当事者として、そして牧師としてこの作品に向き合った。ずっと身体の奥にズキンとする痛みを感じながら、スクリーンに目をやった。

対照的な教会の姿勢描く
実話を元にした家族「再生」の物語

 主人公は牧師の家庭に生まれ育ったジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。平均的で恵まれたクリスチャン家庭に見える。しかし大学生となったジャレッドは、あることから自身の性的指向(ゲイ)を親に知られてしまう。そこから事態は急展開する。父マーシャル(ラッセル・クロウ)は牧師としての「保身」もあるのか、狼狽し、ジャレッドの母親であるナンシー(ニコール・キッドマン)にほとんど話し合うこともなく、一部の「男たち」だけで息子を「施設」へ送ることを決めてしまう。

 施設では同じような境遇からそこに送られてきた若者たちがいた。私はこの若者たちはそれぞれに、豊かな個性が光っていたはずの面々だったはずだが、施設に来たことによってどことなく翳りが見て取れ、誰一人そこに自らの意志で来たのではないということを感じた。そこでの「治療」の過程で繰り返し断罪され、自分を否定され続けるシーンには耐え難い思いを持って観た。

 私はその「手法」がどこかで聞いたことあるようなものであることに気づいた。後日専門家に尋ねたところ、一部のこうしたセラピーには、催眠術やスピリチュアル、自己啓発セミナーなどにおけるマインドコントロールと基本的に同じ構造を持っていることを教えてくれた。とにかく「患者」とされた者を上からコントロールしようとするやり方に不快極まりないものを覚えた。

 しかし、ここでストーリーは終わらない。本人の苦悩、母親の思い、父親の隠された心の内が相まって家族が「再生」していくのだ。この映画は実話を元にしている。本当にこんな素晴らしいことが起こったのだ。

 2月から全国公開中の『サタデーナイト・チャーチ-夢を歌う場所-』は、ニューヨーク郊外に暮らす青年が主人公である。カトリックの家庭に育ったユリシーズ(ルカ・カイン)は、父親が亡くなった直後から、女性のように生きたいという思いがあらわになってくる。それはその時に芽生えたものではなく、宗教的な家庭の中で抑えつけられていたものが、少しずつ解放されていくような描き方をしている。ある夜のこと、ハドソン川の沿岸にたむろしていたトランスジェンダーの女性たちに、「教会」に誘われる。「サタデーチャーチ」は週末の夜、性的マイノリティに開放されていて、そこで過ごす時間だけ、本来の自分の姿で居ることができる「場」なのだ。

 家族の前でも、学校の級友たちの前でも自分の本当の姿を理解してもらえることのなかったユリシーズは、そこで自分の同じような境遇(それはひとくくりにはできないさまざまなものを抱え、背負わされた若者たちの「生」)にある仲間たちに出会い、自分が自分らしく生きていくことは決して悪いことではないのだと自覚していく。全編を通して描かれるのは、幼いころから教えられてきた宗教的価値観のもとで、自分のセクシュアリティに対する罪悪感であった。ある日、部屋に隠し持っていたハイヒールを、家族に見つけられ家出したユリシーズは、ホームレスになる。そこから彼の人生を変える経験が始まっていく……。

 モデルになったニューヨークのマンハッタンに実際に存在する聖ルカ教会(The Church of St.Luke in the Fields、アメリカ聖公会)は、当事者が集まり、1960年代後半から始まった性的マイノリティの解放運動の舞台となったクリストファー・ストリートに近く、筆者も訪れたことがある。そして教会のすぐ近くには、あの仲間たちと出会うハドソン川が流れており、映画では地理的にもリアルに再現していた。(なかむら・よしき

*全文は紙面で。

 『ある少年の告白』は4月19日よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。『サタデーナイト・チャーチ-夢を歌う場所-』は全国公開中。

©2018 UNERASED FILM, INC. ©2016 Saturday Church Holding LLC ALL rights reserved.

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP