【東京・4月27日】立教大学教会音楽研究所レクチャーコンサート「ソロモンの雅歌朗読と音楽の夕べ―古代イスラエルの恋愛詩として」

立教大学教会音楽研究所主催

4月27日(土)後5時~6時半、立教学院諸聖徒礼拝堂(東京都豊島区)。出演=池澤夏樹(講師・朗読)ほか。定員150人。要申込。詳細は要問合せ。Eメール=music@rikkyo.ac.jp(立教大学音楽研究所)。

「雅歌(ソロモンの雅歌)」は、ヘブライ語聖書に収められた文書のひとつであり、イスラエルの民の生んだ古典文学作品である。『雅歌—古代イスラエルの恋愛詩』(教文館、秋吉輝雄訳・池澤夏樹編、2012 年)の編者である池澤夏樹氏により、礼拝の中で唱えられる詩ではなく、古代イスラエルの人々が親しんだ純粋な文学作品という視点から「恋愛詩」としての雅歌の魅力について解説をしていただき、雅歌の解説と朗読・演奏を織り交ぜるレクチャーコンサートとする。第1部として秋吉訳と教会で広く使用される聖書との翻訳の違いを味わうために、『聖書 聖書協会共同訳』の朗読とアイリッシュ・ハープの演奏を行い、第2部として秋吉訳の朗読とともに日本のリュート奏者の第一人者である、つのだたかし氏によるリュート(またはウード)演奏を鑑賞し、「雅歌」の奥深い精神世界を味わう機会とする。

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

TO TOP