【兵庫・4月30日】天皇の代替わり儀式に抗議する特別開講講演会「キリスト者は天皇制をどうとらえるべきか」

神戸改革派神学校主催

4月30日(火)後1時半~3時半、神戸改革派神学校チャペル(神戸市北区)。講師=袴田康裕(神戸改革派神学校教授)。☎078-952-2266(同主催)。

本年行われる予定の天皇の即位儀式は、神道式によって公費が用いて行われます。これは国家による偶像崇拝に他なりません。政府は4月30日から5月2日までを休日としましたが、本校教授会はこれに抗議する意味で通常の授業を行うことを決議し、併せて天皇制について考える公開講演会を行うこととしました。真の王である主によってこの国に建てられている教会の使命を確認し、国家的為政者と教会のために祈る機会です。是非ご出席くださるよう、ご案内申し上げます。

なお、講演会のライブ配信を予定しています。

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

TO TOP