【東京・5月11日】日米地位協定を検証する!「ドイツ・イタリアと比較して」

日本弁護士連合会ほか主催

5月11日(土)後1時~4時半、弁護士会館2階クレオBC(東京都千代田区)。討論=伊勢崎賢治(東京外国語大学教授)、島袋良太(琉球新報記者)、沖縄県職員。☎03-3580-9815(同主催・人権第一課)。

日米地位協定は、1960年締結以来一度も改定されないまま、基地および米軍には日本の国内法が適用されないとされ、基地への立入りもできず、深刻な基地被害が放置され、日本の主権と国民の基本的人権を大きく制約してきています。しかし、そのような地位協定のあり方は、ドイツ・イタリア等の他国においては決して「当たり前」ではないことが、この間の調査で明らかになってきています。
そこで、このシンポジウムでは、沖縄県と琉球新報の担当者、そして日弁連の三者が調査の成果を一堂に持ち寄り、日米地位協定の内容・運用の問題点を徹底検証し、その抜本的改定を実現する道筋を議論し、今後の指針を探ることとします。

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

TO TOP