【東京・8月5日】『教派擬人化マンガ ピューリたん』出版記念サイン会&特別対談

キリスト新聞社 主催

8月5日(月)後6時半~7時半(後6時開場)、教文館3階ギャラリーステラ(中央区銀座)。無料。tel 03-5579-2432(キリスト新聞社)。

 『教派擬人化マンガ ピューリたん』の出版を記念して、作者のSONOさんをお招きし、連載の愛読者でもある救世軍の山谷少佐と教派の違い、奥深さ、今どきの伝道事情などについて対談をしていただきます。付録の「ピューリたんカードゲーム」で遊べるコーナーも設置予定。

SONO
 1995年生まれ。プロテスタント。高校の倫理の授業で宗教改革に興味を持ち、上智大学文学部史学科に進学。2014年、ツイッターで「宗教改革記念日カウントダウン」と称して、ルターやカルヴァンのイラストを投稿していたところ、キリスト新聞社にスカウトされる。いくつかの企画の中から「教派の擬人化マンガ」を選択し、2015年4月から2018年3月まで『ピューリたん』を連載。本作が商業デビュー。同人誌では宗教、主にキリスト教の文化を題材にした漫画を発表している。大学院生。 

山谷 真
 やまや・まこと 1965年生まれ。光塩幼稚園でイエス・キリストに出会うも、杉並第八小学校で小学生の無神論者に説得されて簡単に信仰を失い、オカルト少年となる。高円寺中学在学中にビリー・グラハムの説教を後楽園球場で聞き、信仰復興。都立荻窪高校在学中に救世軍の兵士となる。成蹊大学文学部卒業後、救世軍士官学校に入校。士官(伝道者)となる。群馬、北海道、東京の小隊長(牧師)、士官学校長補佐を経て、2016年より救世軍本営 伝道事業部長。

【新刊】 『教派擬人化マンガ ピューリたん』 SONO 漫画/波勢邦生 監修

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

  • 求人/募集/招聘
  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション