日韓聖公会が共同宣言 「和解の務め果たすため平和の使命を」 2019年8月15日

 日本聖公会(植松誠首座主教)は8月15日、日韓関係が悪化しつつある状況を鑑み、大韓聖公会(兪樂濬議長主教)との共同宣言を発表した。宣言は「両聖公会の築き上げてきた信頼関係や交流に水を差すようないろいろな問題が、両国間に起きてきたことも事実」と指摘し、「正しい歴史認識に立つリーダーシップと国際関係が保たれること」を求め、「主から与えられた和解の務めを果たすために、祈り、連帯し、主から与えられた平和の使命をこれからも誠実に果たしていくことを約束します」と明言している。全文は以下の通り。


2019年「8・15日韓聖公会共同宣言」

―「キリストの平和」を作り出す北東アジアのクリスチャンとして―

「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」(マタイ5:9)

主にある兄弟姉妹の皆さま

 今年の8月15日は、第二次世界大戦が終わって74周年になる年です。日本はこの日を敗戦によって終息した日として覚え、平和憲法を制定して再び軍国主義の誘惑に陥らないように努力し、韓国は失った国を取り戻した日として記念し、朝鮮半島の平和のために努力しています。

 韓国と日本の聖公会は、過去35年間にわたる交流プログラムを通して、過去の戦争と日本による植民地支配について学びを深めながら、今も続くその痛みや悲しみ、また怒りと不信をどのように癒し、乗り越えるかについても話し合ってきました。そして、朝鮮半島の平和と相互協力、ひいては東アジアの平和な未来を目指して協働しています。特に、日韓両聖公会の青年たちは、25年にわたる交流によって、偏見の克服や文化の相互理解に努め、真の友情関係を築いてきましたし、多くの大韓聖公会出身の教役者たちが日本聖公会の中での宣教牧会に携わってくださっています。

 しかし、これまでも、私たち両聖公会の築き上げてきた信頼関係や交流に水を差すようないろいろな問題が、両国間に起きてきたことも事実です。その多くは、両国政府の政治、経済、防衛などに関する政策に端を発していますが、最近も対韓輸出規制問題から、両国間の緊張が高まって、両国間の親善や民間交流にも大きな影響を与えています。

 日韓の関係の悪化は、朝鮮半島をはじめとする東北アジア、そして全世界に大きな悲しみをもたらすことになります。私たちは、正しい歴史認識に立つリーダーシップと国際関係が保たれることを願い求めます。

 私たち日韓聖公会は、今までもこのような事態の中で、相互信頼に立脚しながら、平和の福音を宣教するために交流を着実に続けてきました。「8・15」74周年を記念して、キリストの平和を作り出す日韓聖公会は、主から与えられた和解の務めを果たすために、祈り、連帯し、主から与えられた平和の使命をこれからも誠実に果たしていくことを約束します。

2019年8月15日

大韓聖公会議長主教 モーセ 兪樂濬(ユ・ナクジュン)
日本聖公会首座主教 ナタナエル 植松 誠


2019 “August 15th ACK-NSKK Joint Statement”

-As a Northeast Asian Christian who produces “peace of Christ”-

“The people who realize peace are fortunate, who are called the children of God.” (Matthew 5: 9)

Dear brothers and sisters in the Lord,

August 15 this year is 74 years after the end of World War II.Korea commemorates the day it regained its lost country and is working for peace on the Korean peninsula. Japan has been remembering this day as the end of the war, enacting the peace constitution, and trying not to fall into the temptation of militarism again.

The Anglican Church of Korea and Japan are continuing to talk about how they will overcome pain, sorrow, anger and distrust that has continued over the past war and Japanese colonial rule through 35 years of exchange programs. We are also cooperating with the goal of peace and mutual cooperation on the Korean peninsula, and a peaceful future for East Asia. In particular, the young people of the Korean Anglican Church have been building true friendship relations through 25 years of exchanges and efforts to overcome prejudice and mutual understanding of culture. In addition, many clergy members from Korean Anglican Church are presenting ministry and ministry within the Nippon Sei ko kai.

However, there are serious problems in the relationship between the two countries that brokes the trust and exchange that the two Anglican churches has built up. Most of them started with the policies related to the politics, economy and security of the two governments. However, since Japan’s recent export control on Korea are becoming increasingly tense between the two countries.

Such deteriorating relations between Korea and Japan brings great sorrow and anger to the Korean peninsula, Northeast Asia, and the world.

Our two churches hope that this kind of conflict will be resolved by the leadership with a correct historical awareness.

In commemoration of the 74th anniversary of August 15, the Korean-Japanese Anglican Church,which is making the peace of Christ, promises to faithfully fulfill the mission of peace given to the Lord by prayer and solidarity to fulfill the mission of reconciliation received from the Lord.

The Rt. Rev. Moses Nagjun Yoo
Primate of the Anglican Church of Korea
The Rt. Rev. Nathaniel Makoto Uematsu
Primate of the Nippon Seikokai

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP