【台風19号】 日本基督教団川崎戸手教会 台風19号で1階水没「困窮する人々と共に」 2019年10月21日

 千葉県を直撃した台風15号の爪痕が残る中、10月12日夜から13日未明にかけて、より大規模な暴風雨を伴う台風19号が列島各地に甚大な被害をもたらした。死者75人、行方不明者は14人に上り、堤防の決壊が確認されたのは福島や宮城を含む7県52河川の73カ所に及ぶ。浸水の被害は全国で少なくとも1万3000棟以上。崖崩れなどの土砂災害により道路が寸断されるなどの被害も各地で報告されている。

 多摩川の河川敷に位置する日本基督教団川崎戸手教会(神奈川県川崎市)は、多摩川の増水により1階部分が水没。聖書、賛美歌、オルガンなどの備品が泥水に浸かり使用できなくなった。牧師の孫裕久さんは、上昇する水面が刻一刻と床下に迫る中、教会の様子をホームページで発信し続けた。13日の午後には、同教会とゆかりのある在日大韓教会川崎教会、横浜YMCA、日本基督教団神奈川教区の関係者ら23人が駆け付け、大量の土砂を除去する作業や、地域の高齢者宅への支援を行った。水道は使用できるが、漏電のため電気は今も使えない状況だという。

 孫さんは、「大切なものを多く失いました。中にはお金で解決することのできないものもあります。キリスト者は口ではイエスを主と呼び、神の被造物、所有であると申しますが、実は多くのモノを所有しながら、その所有物に支配されいるのでしょう」「被災に意味など問いはしません。それはしょせん護教論に過ぎないから。ただ困窮する人と共に働き、祈り合わせる所に神がおられるのだと信じます」と綴っている。

 神奈川教区巡回教師である関田寛雄さんの開拓伝道によって1976年に歩みを始めた同教会は、戦後行き場を失い河川敷で暮らす在日コリアンと共に「不法占拠」の烙印を押されながら、「河原の教会」として幾たびも洪水の被害を受けてきた。立ち退き問題をめぐっては行政との交渉窓口となり、住民の生活再建に寄与。河川敷の再開発に伴い、現在牧師館として使用中の旧伝道所を取り壊し、2020年10月の新会堂建築に向けて献金を募っている最中だった(送金先は郵便振替00250-7-89779「川崎戸手教会会堂建築献金」目標額845万円、2021年3月まで)。

急ぎ求められるマンパワー
「ボランティアと行政の棲み分けを」

 埼玉県川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」(渡辺圭司施設長)は10月13日深夜、越辺川の氾濫により1階から浸水。20人余の職員で、入居者約120人を3階建ての別棟へと移動させ、難を逃れた。現在は入居者全員が避難所に避難している。15日には、「川越キングス・ガーデン復旧ボランティアセンター」(責任者=片岡正雄理事長)を開設。希望者は川越キングスガーデン協力牧師会事務局・大澤(Tel 080-3453-5430)まで。なお、全国社会福祉協議会が運営するボランティア保険(https://bit.ly/2MprKxH)に加入の上で参加のこと。集合場所、時間、持ち物などについては、今後フェイスブック(https://bit.ly/2VP3IiH)上で情報を掲載する予定だという。寄付は通信欄に「寄付申込 災害支援」と明記の上、郵便振替00110-6-543882「社会福祉法人キングス・ガーデン埼玉」まで。

 神戸国際支縁機構は玉の肌石鹸株式会社(三木晴雄会長)の支援を受け、理事長の岩村義雄さん(神戸国際キリスト教会牧師)を含むスタッフ4人が、11日夜に救援物資を積み、台風15号の後にもボランティア活動を行った千葉県館山市へ向かった。布良地区の住民約300人が避難する館山市立房南学園(館山市佐野)を訪問。区長の嶋田政雄さんをはじめ、不安を抱えて避難する人々に労いの言葉をかけながら必要な支援についての聴き取りを行った。前回の台風で壊れた屋根を覆ったブルーシートも、19号の猛威により使いものにならなくなった箇所が数多く見られたという。

 数々の被災地でボランティアに従事してきた岩村さんは、ボランティアと行政、社会福祉協議会(ボランティアセンター)の棲み分けを転換すべきと提起する。「支援が万人に行き届くためにはボランティアを管理することをやめ、民間のボランティアセンターを支えるよう変換すべき。ピラミッドの頂点から管理するのではなく、逆ピラミッドで底点からボトムアップするよう見守る流れに転換する必要がある」

 同機構によれば、被災地では圧倒的に不足しているマンパワーのほか、救援金、重機、高所作業車、ブルーシート(10m×10m)などが必要とされている。募金は郵便振替00900-8-58077「一般社団法人神戸国際支縁機構」まで。支援物資なども同機構(〒655-0049 兵庫県神戸市垂水区狩口台5丁目1-101)で受け付けている。

特集一覧ページへ

特集の最新記事一覧

TO TOP