世界各地の正教会、クリスマスを祝う 2020年1月8日

 ユリウス暦を用いる世界各地の「正教会」が1月7日、クリスマスを迎えた。モスクワ総主教キリル1世やエルサレム総主教セオフィロス3世など、教会指導者らが降誕節メッセージを各メディアを通じて世界に発信した。

 同様に「東方諸教会」のコプト教皇タワドロス2世もyoutubeで映像を配信。各地で盛大に奉神礼(礼拝)が開催され、平和と祝福の挨拶を述べている。

モスクワ総主教キリル1世 ※orthochristian.comより引用

エルサレム総主教セオフィロス3世 ※公式HPより引用

コプト教皇タワドロス2世 ※公式youtubeより引用

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP