シンガポールで新たに8人の感染確認、5人は教会で 2020年2月16日

 シンガポールのビジネス情報サイト『エイシアX』によると、新型コロナウイルスの感染者が2月13日、新たに8人確認された。全員が国立感染病センターに収容された。

 そのうち5人はグレース・アッセンブリー・オブ・ゴッド教会での感染だった。1人はウィルソン・テオ上級牧師、1人はシンガポール国立大学(NUS)デザイン・環境学院教授が含まれている。

 グレース・アッセンブリー教会では2週間、すべての活動を停止する。NUSデザイン・環境学院ではすべての授業をオンラインで行い、試験、会議、交流行事など団体での活動を当面中止する。

 先に感染者群発地域に指定されたのは漢方薬店のヨンタイハン(永泰行)、グランド・ハイアット・シンガポール、とパヤレバのライフ・チャーチ・アンド・ミッションズ教会だった。(CJC)

新型コロナウイルス感染拡大、中国の教会閉鎖へ  2020年2月1日

© 2020 Singapore Press Holdings

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP