新型コロナウイルス感染拡大でサグラダ・ファミリア閉鎖  2020年3月14日

 スペイン北東部カタルーニャ自治州バルセロナの「聖家族教会」(サグラダ・ファミリア)は3月12日、新コロナウイルス感染拡大を受け、13日から当面閉鎖し、建設工事も停止すると発表した。2026年の完成を目指し工事が続いている「聖家族教会」、アントニ・ガウディが1883年に設計を提出、2年後に修正を加えた。そこまでは許可を取り付けているが、1916年と90年の計画変更申請には許可が出ていないことが判明している。黙認されたとして建築が続けられたようだ。

 スペインの保健当局によると、カタルーニャ自治州での感染確認は260人。州政府は、州内の学校や大学を13日から閉鎖する、と12日発表した。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP