都の自粛要請受け日本キリスト教会 東京中会が議長書簡 「新型ウイルス爆発的感染の重大局面に直面して」 2020年3月27日

 小池百合子東京都知事が3月25日夜、週末の外出自粛を要請したことを受け、日本キリスト教会 東京中会(冨永憲司中会議長)は同日、「新型ウイルス爆発的感染の重大局面に直面して」と題する書簡を同中会内の教会、伝道所に送付した。

 書簡は、「何か一律的な対応を求めるものでは」ないとしながらも、「自分たちの信仰を確かにするとともに、隣人も含め、教会員すべてのいのちを守るための愛の配慮」を求め、「影響をすぐに受ける可能性があるご家族のことや、またそれぞれの置かれた地域での社会的責任も考慮しながら、この事態に対処して」ほしい、「家庭による礼拝と祈りの生活を欠かさないようにご指導ください」と呼び掛けた。

 とりわけ対応に奔走する牧師が、心身を疲弊、磨耗してしまうことで、教会が多大な影響を受ける事態にならないよう、長老や委員に対し、「適切な対処の仕方をご協議くださいますように」と特別な配慮を要請した。全文は以下の通り。


日本キリスト教会 東京中会

議長書簡「新型ウイルス爆発的感染の重大局面に直面して」

東京中会の各教会小会・伝道所委員会御中

 栄光在主

 新型コロナ・ウィルス感染拡大が続いていますが、専門家たちは近く「爆発的感染(オーバーシュート)の重大局面」を迎えるようになると警告しています。

 それに関連して、東京都知事は24日の時点で、「このまま(感染者統計)の推移が続けば、ロックダウン(都市の封鎖)を招いてしまう」として「感染拡大の重大局面」を宣言しましたが、それに引き続いて25日夜、今週末の外出自粛というかなり重い要請を都民に出しました。オリンピック延期が決定した途端のこの迅速な動きは、かえって事態がいかに危機的な状況にあるのかを物語っているようにも思えます。

 この事態を受けて、首都圏のそれぞれの教会では、礼拝や祈祷会の休止も含めて、対応を真剣に協議しておられることと思いますが、改めて中会の諸教会・伝道所の長老や委員におかれましては、この事態に対して賢明な対処をしていただきたいと願っています。

 地域性にもよる多様な対応が求められますので、何か一律的な対応を求めるものではありませんが、以下にお願いすることに特に留意していただきたいと思います。

1 主なる神は、愛する者たちを「暗黒の中を行く疫病」や「真昼に襲う病魔」からお守りくださる御方です(詩編 91編6節)。ですから、常に主の御前に「落ち着いて、静かにしていなさい。恐れることはない」(イザヤ書7章4節)、「安らかに信頼していることにこそ力がある」(イザヤ書30章15節)とおっしゃいます。この世の何者もわたしたちを「キリストの愛から引き離すことなどできない」(ローマ 8章35節)という信仰を、この事態の中で新たにして参りましょう。

2 同時に、心に刻んでいただきたいのは、自分たちの信仰を確かにするとともに、隣人も含め、教会員すべてのいのちを守るための愛の配慮です。教会に出席するために不特定多数の方々との接触を余儀なくされる教会員やその影響をすぐに受ける可能性があるご家族のことや、またそれぞれの置かれた地域での社会的責任も考慮しながら、この事態に対処してください。

3 その際、たとえ公同礼拝や祈祷会休止を決断したとしても、神さまを礼拝したり、祈りの生活を休止するのではないことは言うまでもありません。それぞれのご家庭による礼拝と祈りの生活を欠かさないようにご指導ください。このような教会訓練により、わたしたちは一つの信仰によってお互いが強く結ばれているという意識を共有し、この危機の中で教会共同体の絆を深めていかねばならないと思います。

4 何よりも、全てのものの支配者である主なる神の導きをご一緒に祈るとともに、人類の英知を集めてこの感染問題に取り組むことができるよう、それぞれの教会・伝道所でも、公同的に、また個人的に、嘆願と執りなしの祈りを共に祈っていただきたいと思います。

5 感染者に対するバッシングや特に中国や韓国の人々のコミュニティーに対するヘイト的言動が起こっています。教会員や日曜学校の子供たちには、それらの動きに対して注意を喚起し、病者やこの世の旅人、寄留者たちを愛してくださった主イエスに従い歩むようにお教えください。(マルコ1章41節、7章24節、1ペトロ2章11節、参照)

6 最後に、牧師とそのご家族のことに特別なご配慮をお願いしたいと思います。イタリアの教職者たちの死者数が医者の死者数よりも多くなったというニュースが届きました。牧師たちは、この事態に心が休まることなく、教会と教会員のためにお仕えしています。そのような時に、例えば「最後の看取りと葬儀」が重なると、牧師たちはさらに奔走して心身が疲弊、磨耗するようになるでしょう。万が一、牧師が倒れると、教会は多大な影響を受けます。そのような事態にならないように、長老たちや委員たちは、教会や伝道所としての適切な対処の仕方をご協議くださいますように、お願い申しあげます。

 主にありて

2020年3月25日
中会議長 冨永憲司

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP