日本YMCAがZoomで礼拝 「共同の祈り」に100人 2020年4月21日

 日本YMCA同盟(田口努総主事)は4月10日、全国の同盟関係者に呼び掛けてテレビ会議システム「Zoom」を介してのオンライン礼拝を行った。これは、アジア太平洋同盟(APAY)からの呼び掛けに応え、「安全のために、はなれていてもつながっている」YMCAが一致して、地域や人々のために「ともしびを高く掲げ歩めるよう祈り、前に進んでいきたい」との思いで開催されたもの。中道基夫氏(神戸YMCA理事長)による司式、竹佐古真希氏(学生YMCA委員長)=写真下=による奏楽のもと、急きょ作成された日本語版「共同の祈り」を用い、約20分の礼拝で100人の参加者が祈りと賛美をささげた。

 日本YMCA同盟では今後も定期的な開催を予定している。4月24日(金)子どもの現場から、5月8日(金)ユースのメンタルヘルス、5月22日(金)ボランティア・ムーブメント、6月12日(金)女性/国際をテーマに祈りをささげる。時間はいずれも午後6時から。
 

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP