「新型コロナは同性婚への『神罰』」発言の聖職者が陽性 ウクライナ 2020年9月11日

 米ニュースサイト「CNN」によると、新型コロナウイルスは同性婚に対する「神の罰」と形容していたウクライナ正教会キエフ聖庁のフィラレート総主教(91)が、新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。9月4日に同教会がフェイスブックの投稿で発表した。

 同教会の8日投稿では、「フィラレート総主教の健康状態は安定しており、治療が続いている」と伝えた。

 フィラレート総主教は今年3月、ウクライナのテレビ局の取材に対し、新型コロナウイルス禍について「人の罪、人類の罪深さに対する神の罰」と形容し、「まず何よりも、同性婚という意味だ」と言い添えた。

 これに対してウクライナのLGBTQ+団体が、総主教の言葉は憎しみや差別をかき立てる可能性があるとして訴訟を起こし、謝罪や発言の撤回を求めていた。

 教会側は、「教会の指導者として、人として、総主教には道徳に基づく自らの見解を表明する自由がある」と反論している。(CJC)

Håkan Henriksson (Narking) - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4589574による

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP