教皇 同性婚に一定の理解 歴代初の見解、欧州中心に反響 2020年10月22日

 教皇フランシスコがカトリックではタブーとする同性愛者の事実上の結婚を社会的に認めるべきだと発言したことが10月21日分かった。同様の見解は歴代教皇で初めてとみられる。ローマ発共同通信が報じたのを紹介する。

 教皇は「同性愛者も家族になる権利を持っている。何者も見放されるべきではない」と語り、同性愛者同士の事実上の婚姻「シビル・ユニオン」(合同生活)が可能となるような法的整備が必要だとの考えを示した。

 カトリック教会は同性愛や避妊、離婚をタブー視するが、教皇フランシスコはこれまでも実社会に即した教会変革が必要だと主張し柔軟な見解を示してきた。一方で、2016年にはシビル・ユニオンと男女間の結婚は明確に区別されるべきとの考えも示している。

 今回の発言は21日、開催中のローマ国際映画祭で初上映されたエフゲニー・アフィネフスキー監督作の長編ドキュメンタリー映画「フランシスコ」の中で述べたもの。同作は、教皇や枢機卿らへの直接取材を敢行した作品。イタリアメディアは、教皇が同性婚に一定の理解を示す発言をしたと報じた。世界に13億人超の信者を抱えるカトリックの頂点に立つ教皇が同性婚に一定の理解を示した発言として、信者の多い欧州を中心に反響が広がっている。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP