立教大学次期総長に西原廉太氏 2021年1月11日

 

 立教大学(郭洋春総長)は12月14~16日、現総長の退任に伴う次期総長候補者選挙を実施し、西原廉太氏(文学部教授)を選出し、18日の立教学院理事会において、第22代立教大学総長に選任した。任期は、2021年4月1日から25年3月31日までの4年間。

西原廉太
 にしはら・れんた 1962年8月26日京都府生まれ。立教大学文学部キリスト教学科教授。博士(神学)。専攻は、アングリカニズム、エキュメニズム、組織神学、現代神学。研究テーマは、16世紀英国宗教改革の神学を端緒に、時代を超えて通底するアングリカン神学のダイナミズム。著書に『聖公会が大切にしてきたもの』(教文館)ほか多数。キリスト教学校教育同盟第28代理事長。世界聖公会大学連合会(CUAC)理事。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP