韓国の新規コロナ感染者392人で1日当たり400人台割る 2021年1月25日

 韓国の聯合ニュース、ソウル発によると、同国の中央防疫対策本部は1月24日、午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数が前日午前0時の時点から392人増え、累計7万5084人になったと発表した。市中感染者が369人、海外からの入国者の感染が23人だった。1日当たりの新規感染者数は前日の400人台を割り込んだ。

 新たに確認された市中感染者369人を地域別にみると、ソウル市が127人、京畿道が99人、仁川市が23人で、首都圏が249人を占めた。

 首都圏以外の地域では釜山市が19人、光州市と慶尚南道がそれぞれ17人、忠清北道が12人、大邱市と世宗市と江原道がそれぞれ11人、忠清南道が9人、慶尚北道が7人、全羅北道が3人、蔚山市と全羅南道と済州道がそれぞれ1人だった。

 主な感染事例をみると、光州市の教会で新たな集団感染が発生した。感染者は15人で、一緒に礼拝を行い、聖歌隊の活動をしたという。世宗市では70代の夫婦やその子どもと孫の家族10人の感染が確認された。そのほか、職場や室内ゴルフ練習場、サウナ、療養施設、教会などを中心に全国で散発的な感染が続いた。

 一方、海外からの入国者で新たに感染が確認されたのは23人で、うち9人は空港や港湾での検疫で判明し、14人は入国後の自主隔離中に陽性と分かった。

 死者は前日から12人増えて計1349人となった。韓国国内の平均致死率は1.80%。重篤・重症患者は前日から15人減り、282人となっている。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP