【訃報】 ジョン・ポーキングホーンさん(理論物理学者、英国国教会司祭) 2021年3月10日

 『科学者は神を信じられるか―クォーク、カオスとキリスト教のはざまで』の著者で英国国教会司祭のジョン・ポーキングホーンさんが3月10日、英国ケンブリッジで逝去。90歳。

 相対論的量子力学の創始者の1人であるディラックの直接の指導を受けた理論物理学者(PhD,ScD)。英国ケンブリッジ大学数理物理学教授を経て1988~96年、同大クイーンズカレッジ総長。英国学士院会員。勲爵士。82年に英国国教会の司祭に叙階されて以来、宣教活動をするかたわら、種々の科学プロジェクトに積極的に関与し、生命科学の倫理問題などにも独自の発言をしてきた。

By Jack1956, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2950826

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP